北原照久さんの元気になる魔法の言葉

flowers-164754_640-min

究極のプラス発想

突然ですが、あなたはポジティブですか?

私は究極のネガティブ思考でした(爆)
子供の頃から人と関わるのが苦手てでした。
うまく人と関われなくて、すぐに落ち込んでは自分を責め、相手を責め、境遇を責め…

大人になって少しはましになったとはいえ、根本のネガティブ思考は変わりません。
そんな私のネガティブ思考を打ち破るきっかけになったのが、「万象肯定、万象感謝」の言葉です。

「開運!何でも鑑定団」でおなじみの北原照久さんが、あるトークショーでこの言葉についてお話ししてくれました。
「万象肯定、万象感謝」の意味を聞いたとき、不思議とごく自然にすっと自分の中に入ってきたのです。

1950年代のロッキングチェアに座っているおじさんのオモチャです。 今日の言葉は「万象肯定、万象感謝」あるパーティーでやけに明るい元気な80過ぎの方がいらっしゃいました。その方が「私は今まで3回も癌の手術をしているんだよ。君はいいやつだか…

Posted by 北原照久 on 2013年10月6日

プラス発想の習慣を支える北原さんの基本哲学

「万象肯定、万象感謝」。
自分と違う価値観や未知の出来事を相容れないものとして跳ね返すのではなく、一旦受け止めてみる。
そして、起こったことのすべてを受け入れ、起こったことのすべてに感謝するという意味です。

まさに究極のプラス発想です。
これはとても難しいことだと思います。
ポジティブにいこうとしても、ついついネガティブになってしまうのが人間です。
それでも、ネガティブになりそうになった時に、何度もこの言葉を唱えてみる。
たったそれだけの小さなことから、まず始めてみませんか?

「いい習慣」の継続

少しずつでもプラスに考える習慣を継続していけば、やがていやなことがあってもポジティブに乗り越えていけるようになります。
「無意識にできるようになるまで、強く意識し続けること」
挨拶をする、ささいなことにもありがとうと感謝する、席を譲るなど、プラス発想につながるものはいろいろあります。
プラス意識を強く持って続けていけば、そのうちに自然と習慣となって身に付いていくのです。

。☆・*。誰もがみんなアーティスト。*・☆。

スポンサーリンク

アートカフェ・ワークショップ開催!
「絵が描けなくても大丈夫!水彩色鉛筆で塗る大人の塗り絵・コロリアージュ」

癒し効果抜群の「大人の塗り絵・コロリアージュ」を塗りながら水彩色鉛筆の使い方を覚えて、ワンランク上の素敵なコロリアージュに仕上げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*