ルネ・ラリック、アールデコの優美なクリスタル

ラリックシレーヌ

今もなお、私たちを魅了し続けるラリックの世界

ラリックシレーヌ

 

幻想的でなまめかしい肌合いのラリックのクリスタルはとても女性的。
この風合いを出すためには半透明の乳白色のクリスタルが欠かせません。

この半透明のクリスタルは「オパルセントガラス」といって、アメリカの有名な宝石商ティファニー家のルイス・コンフォート・ティファニーによって19世紀末に開発されました。

自然光を通すと、まるでオパールのようにそれまで見せなかった虹色に輝きます。

ラリックの作品の特徴は アール・デコ様式を代表するスタイル。
自然をモチーフにしている点とオパルセントガラスを使用した点にあります。

なかでも、透明のクリスタルとオパルセントガラスを組み合わせた作品は、優雅さと繊細さ、そして大胆さを合わせ持った、ラリック独特の世界を作り上げています。

また、その形はとても彫刻的で彫像的です。
人体、草花、鳥獣と言ったモチーフをレリーフ状に施し、その表面の凹凸がさらに柔らかさを強調しています。

 

001 -Jarra 1930-Lalique-Collection of the Winnipeg Art Gallery

 

ラリックの歴史は、当初ジュエリーデザイナーだったルネ・ラリックが、1907年、フランソワ・コティーの依頼により香水瓶を手がけたことが始まりでした。

 

ラリックハットピン

 

当時は アールヌーボーからアールデコへの過渡期でした。

自然の有機的なモチーフを豊富に使ってデザインされた作品は、自然界には直線的なものは存在しない!と言わんばかりに、徹底して曲線で構成されています。

光の透過が発色を高める効果を計算しつくし、樹や花、鳥や魚たちをガラスの中で表現したルネ・ラリック。
自然界には存在しない直線は使わずに、優しい緩やかな流線が女性的な優しい世界を織りなします。

 

ラリックテーブルセット

 

ラリックの作品はアンティークショップや箱根の美術館でご覧になることができます。
箱根ラリック美術館

。☆・*。誰もがみんなアーティスト。*・☆。

スポンサーリンク

2018年3月第2期開講
開講特典 受講料47%OFF!


【運気を上げる日本刺繍】初級クラス

日本刺繍の中でも、国から伝統工芸として認められているものは、京都の「京繍」と金沢の「加賀繍」だけ。
中でも最も繊細で優美な「京繍」の技術を学びながら、なりたい未来へ近づくための開運メソッド。

本物の日本刺繍の技術を学びながら、良い運気を引き寄せられる自分になりませんか?

日本刺繍をしながら運気が上がる《運気を上げる日本刺繍》
パワーストーン、風水グッズ、お守り、金運財布…
今までの開運グッズなど足下にも及びません!
この講座であなたが紡ぎ上げた作品は、あなただけの最高の開運アイテムになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*