楽しいクレヨンスクラッチ!大人も子供も一緒にやってみよう!

スポンサーリンク

クレヨンスクラッチって知っている?

まずはこの動画を見てみてね!
あ、懐かしい〜って思った人もいらっしゃるのではないかしら?
動画に続いて、クレヨンスクラッチに必要な材料や手順を詳しく解説していきます。

クレヨンスクラッチに必要な材料

それではクレヨンスクラッチに必要な材料を説明していきますね!

クレヨンスクラッチ材料
  • クレヨン
  • 画用紙/イラストボードなど
  • 黒のアクリル絵具
  • アクリル絵具を溶くパレット
  • はけ
  • 竹串などのひっかくもの

アクリル絵の具を紙全面に塗るので、厚めの紙がおすすめです。
パレットがなくても、小皿やプリンやゼリーが入っていたカップでも代用できます。
スクラッチする時に使う“ひっかくもの”ですが、いろいろ試してみましたが竹串が一番使いやすです。
小さめのスプーンなどがあると、広い面を描きたい時に便利です。

1.クレヨンで色を塗る

クレヨンスクラッチ色ぬり

クレヨンで紙に色を塗っていきます。
塗り残しがないように、クレヨンを重ねながらしっかり塗り込んでいきましょう。

どこに何色が出てくるのかがわからないのがクレヨンスクラッチの魅力の一つ!
あまり考えずに、思いっきり自由に色を塗っていきましょう。

ポイントは、1色の面積をあまり大きくしないこと。
小さめから中ぐらいの面積でたくさんの色を塗りまくっちゃいましょう!

2.黒いアクリル絵の具で画面全体を塗りつぶす!

クレヨンスクラッチ墨塗り

クレヨンで色を塗った画面を、黒いアクリル絵具で塗りつぶします。
子供の頃のクレヨンスクラッチは、黒く塗りつぶすのも同じクレヨンでしていたのですが、広い画面を塗りつぶすのはとっても大変!
そこで、アクリル絵の具を使って塗りつぶしてしまいましょう。

コツは、一気に一度で塗り潰そうとしないこと。
最初に縦に塗っていきます。
この時に、すきまが空いてクレヨンの色が見えても気にしないで大丈夫!
次に横に塗っていきます。
これでほとんど真っ黒に塗りつぶされているはずです。

アクリル絵具が溜まって盛り上がらないように気をつけて!
盛り上がっているところがあったら、その部分を周りと均一の厚さになるようにのばしてあげてね。

3.いよいよ楽しいスクラッチ♡

クレヨンスクラッチ描写

アクリル絵具が完全に乾いたら、竹串などを使ってアクリル絵具を削り取るように描いていきます。

アクリル絵具なので、乾いてしまえば手につくこともありません。
手が黒くなることを気にせずに描くことを楽しめますね♡

いきなり絵を描くのが不安な時は、トレシングペーパーなどに下絵を描いて、それを画面に写してから描き始めると良いですよ!

4.素敵なアート作品が完成

クレヨンスクラッチ完成

黒い画面の中から何色が飛び出してくるかわからない、ワクワクドキドキ感を楽しめるクレヨンスクラッチ。
ひっかき方や、色の塗り方の組み合わせ次第で様々な雰囲気に変化します。

カラフルで素敵な世界を、誰でも手軽に描くことができるクレヨンスクラッチ。
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

クレヨンスクラッチのワークショップを開催します!

やってみたいけれど道具を揃えるのが大変だし、絵も描けないし……と思ったあなたのために、楽しいワークショップを開催します!

絵が描けなくてもクレヨンスクラッチで素敵なハロウィンアートが作れてしまいます。
小さなお子様の参加もOK!
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

⬇️詳細はこちらをご覧ください⬇️

アートカフェ「大人も子供も一緒にクレヨンスクラッチでハロウィンアート」前回の記事でご紹介したクレヨンスクラッチ。子供の頃にやってみた記憶のある方も多いのでは...

2019年4月第3期開講予定


【花の日本刺繍教室】初級クラス

本物の日本刺繍を学びたい人と
12ヵ月後、新しい自分と出会いたい人へ

日本刺繍の中でも、国から伝統工芸として認められているものは、京都の「京繍」と金沢の「加賀繍」だけ。

日本刺繍の最高峰『京繍』の技術を学びながら
新しい自分を見つけてみませんか?