日本刺繍の技法 ①地引繍(じびきぬい)

スポンサーリンク

日本刺繍の技法 ①地引繍(じびきぬい)

日本刺繍の基本となる繍方です。
動画に続いて解説していきます。

地引繍の繍い方

生地には『地の目』というものがあります。
正確にいうと縦糸の縦地の目と横糸の横地の目があるのですが、日本刺繍でいう地の目は横地の目のことになります。

1.地の目に沿って糸を渡していきます

地引繍説明1
生地をよく見ると、山と谷があるのがわかります。
地引繍はこの谷の部分に糸を渡していきます。

2.◯を繍うときの繍い方です

地引繍説明2

図案の上から下へと針を刺していきます。

◯を綺麗に繍うコツです。
まず、◯の中心に1本糸を引きます
そして中心から左方向へ繍いすすめていきます。

3.左半分を繍い終えたら、残りの右半分を繍っていきます

地引繍説明3

左半分を繍い終えたら再び◯の中心に戻ります
中心から右方向へ繍いすすめていきます。

4.◯を繍い終えたら糸止めをします

地引繍説明4

“こて針”で繍った部分をかきわけます。

地引繍説明5

かきわけた所に、小さく二目ほど返し針をします。

5.糸を切ります

地引繍説明6

繍った部分に下から糸を出します。
この時、刺繍した糸を刺してしまわないように気をつけて!
“こて針”を使って糸をかきわけるようにすると、下から針を出しやすいですよ。

下から出した糸を左手で上に引っ張りながら、糸の根元を切ります。
糸を引っ張りながら切ると、切った瞬間に糸が下に沈みます。
切るところは刺繍した部分ギリギリでなくても大丈夫なので、刺繍したところを切ってしまわないように少し離れたところを切るようにしてくださいね。

花の日本刺繍教室

東京で京都の「京繍」の技術を学べる日本刺繍教室です。

日本刺繍といっても、地域ごとに特徴があることをご存知ですか?
中でも国から伝統工芸として認められているものは、
京都の「京繍」と金沢の「加賀繍」だけ。

日本刺繍の中でも最も繊細で優美な
京都の伝統工芸「京繍」の技術を学びながら、
新しい自分が見つかる
【花の日本刺繍】

詳細はこちらをご覧ください
花の日本刺繍教室》東京教室開講

日本刺繍の中でも最も繊細で優美な京都の伝統工芸「京繍」の技術を学びながら、良い運気も引き寄せてなりたい自分になれる、日本刺繍教室の詳細です。

2019年4月第3期開講予定


【花の日本刺繍教室】初級クラス

本物の日本刺繍を学びたい人と
12ヵ月後、新しい自分と出会いたい人へ

日本刺繍の中でも、国から伝統工芸として認められているものは、京都の「京繍」と金沢の「加賀繍」だけ。

日本刺繍の最高峰『京繍』の技術を学びながら
新しい自分を見つけてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

京繍(きょうぬい)と言う日本刺繍に魅了され、日本刺繍でいろいろなものを創っている日本刺繍の人フローレンです。 夢はNYで個展をすること! やりたいって思ったことはとにかくやってみます。 美味しいもの、お酒大好き。 海も大好き。 旅も大好き。(本名:花澤浩子)